« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月28日 (月)

LABOの夏

7月の終わりに、調子が悪かったPCが壊れて、リカバリーを掛けたのですが、回復せず、外付けのハードディスクにデータはあるはずという状態で、ついに修理に出すことに決定しました。お盆の休みも入るので、ご帰還までに3週間ほど見て欲しいといわれ、仕方なく、以前から欲しかったノートPCを急遽購入。環境設定がうまくできないうちに古いPCは戻ってきたものの、通信メール関連は区の施設や大学のコンピュータで見る始末。

PCが壊れるとげんなりして戦意喪失しますね。

やっと復旧して、外付けにあるはずのデータを呼び出したところ、メール関連あるものもあり、無いものもあり。ソフトの復旧にはしばし時間がかかりそうです。

7月から多摩美術大学のフレスコ集中講義、武蔵野美術大学のスクーリング、友人宅のフレスコ画制作とめいっぱいの仕事をさせてもらって、この夏が終わりそうです。

さて、8月のワークショップ・フレスコ画は第4週だけでしたが、出来なかった漆喰工芸教室と合同で行いました。

煉瓦にフレスコを描く人、水硬性パネルにズグラフィートをする人、ペットボトルで、トルソを作る人、お香立てや線香立てを作る人、ビアンコ・サン・ジョヴァンニの実験をする私、漆喰教室の講師鈴木さんの取材に現れた雑誌社の人、等々、なんだか不思議な壁画LABOになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »