« 多摩美術大学共同研究「時を航るフレスコⅡ」展 | トップページ | IRINA 来日 »

2009年7月29日 (水)

多摩美術大学美術館に於けるフレスコ展

フレスコ展

いよいよ明日オープンです。

8月1日にはシンポジウムとレセプションがあります。

シンポジウムは1時から始まり、休憩を挟んで、4時までとなっています。

フレスコについて、フレスコの専門家による討論、それにゼネコン代表として鹿島建設の方が出席して下さいます。

私たちは古い技法としてのフレスコを研究してきましたが、現代建築にも積極的に取り入れていこうという提案です。

シンポジウムはどなたでも参加可能です。

尚、公開制作は,大野のルーマニアでのフレスコの恩師、ニコラエ・サヴァ氏がご病気のため来日できず、そのお嬢さんイリナさんが来てくれることになりました。

制作は8月の5日から予定しています。

本場のルーマニアビザンチンの方法を目の当たりにすることになります。

お出かけ下さい。

それから今日は熊谷守一美術館で、長谷川路可の展覧会を拝見しました。

長谷川路可はローマ教皇に頼まれて、チビタヴェッキアの教会に殉教した日本人聖人の絵を描きました。路可氏は日本に初めて、「フレスコ」を紹介し、日大や武蔵美で、フレスコとモザイクの授業をした先生です。

8月2日まで開催です。

もう一つ

大田文化の森では、4階のふれあいギャラリーで、フレスコの写真での展覧会をしています。

写真により、幾つかのフレスコを紹介していますのでご覧下さい。秋から行われるフレスコ講習会に繋げます。

|

« 多摩美術大学共同研究「時を航るフレスコⅡ」展 | トップページ | IRINA 来日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多摩美術大学美術館に於けるフレスコ展:

« 多摩美術大学共同研究「時を航るフレスコⅡ」展 | トップページ | IRINA 来日 »