« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

小野塚香=楽人展

File0003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

寺田佑子展覧会

多摩美術大学の共同研究で、8つの技法を取り上げて、フレスコ制作課程を撮影したときのメンバー寺田さんが初個展をします。

8技法の時は、エトルリア法を担当して、壁に向かって一気に描くので、筆の線を大切にしながら一発勝負をしてくれた人です。

寺田佑子展‐ナンナントウノカゼ‐
【会場】Azabujuban Gallery 03-5411-3900
〒106‐0045東京都港区麻布十番1‐7‐2エスボアール麻布102
○都営大江戸線麻布十番駅番出口より徒歩分
○東京メトロ南北線麻布十番駅出口より徒歩分



【会期】3月2日(水)~3月14日(月)<火曜日休廊>
open11:00~19:00(最終日17:00まで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

壁画LABOワークショップ

楽しく自由に

《フラワーデッサン教室》

花と自然をモチーフに楽しく自由に描きます。
鉛筆・水彩・アクリル・色鉛筆など 絵画材料も自由です。
花の好きな方 絵を描いてみたいという方 一緒に世界を広げてみませんか?

●時間
毎月第1日曜日 午後1時30分~午後4時
●場所
壁画LABO(東京都大田区山王)
●費用
入会金:1,000円
受講料:月4,500円(モチーフ代込み)
●講師
大野 彩
●詳しくはメールでお問い合わせ下さい。

初心者の方も歓迎!

《フレスコ画・デッサン教室》

フレスコ画は、砂と石灰を混ぜた西洋漆喰の上に絵を描きます。
初めて絵を描く方から、専門的に習得したい方まで、個別対応で、個人指導します。デッサン教室では、スピードデッサン習得カリキュラムを実施しています。
お気軽にご相談ください。

●時間
第2・第4土曜日 午前10時~午後4時45分
月2回の受講を基本としています。
●場所
壁画LABO(東京都大田区山王)
●費用
入会金:5,000円
受講料:月15,000円(午後のみの方 月10,000円)
消耗材料費:月500円(砂、石灰、顔料、パネル用材料等)
そのほかに購入するパネル等は実費です。
●講師
大野 彩
●詳しくはメールでお問い合わせ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

奄美からの展覧会

http://www.mizunosora.com/event75.html

3月3日~13日

西荻のギャラリーで、

奄美大島で暮らす二人の展覧会です。水彩画と布。

透き通った風が吹いているように思えます。

ぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

龍谷ミュージアム

京都の龍谷大学が仏教総合博物館として、龍谷ミュージアムを開館する。

大谷探検隊による中央アジアからの招来品を数多く持つこの大学が美術館を持つのであるから、一度は訪れてみたい。

4月5日に会館

京都市下京区西中筋通正面腐る丸屋町117

S0001

朝日新聞1月23日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

フレスコ友の会

昨年の12月19日、「フレスコ友の会」を立ち上げました。

趣旨は、フレスコをもっと知ってもらって、理解してもらい、フレスコがもっと普及できればというものです。

フレスコを描く人ばかりでなく、主婦の方も、フレスコ以外の材料で、絵を描く人方や、研究者、学生さん、フリーターなどなど、楽しい集まりになれると良いと思います。

この数年ラボでは忘年会をしたり、花見の会をしたりしていますが、そのたびに、それぞれの夢や楽しい話が聞かれて、それだけで、元気になりそう。酔いつぶれることもありますが、それほど解放出来る場であったなら、嬉しいと思います。

フレスコ友の会は、堅苦しいことは何もありません。古代からの不思議技法「フレスコ」をキーワードに、人の輪が繋がって、広がっていけば嬉しいともいます。

フレスコの情報発信、フレスコ以外のアートの情報、芸術とは?ものを造るとは?等々、話せる場になりたいと思います。

会では、フレスコも含めての見学ツアーや、講演会、ワークショップなどを計画する予定です。会員の方からの情報も交換できればいいと思います。

もし、興味がわきましたら、フレスコ友の会事務局または「ボログ」コメントへ御連絡下さい。

事務局 Eメールアドレス l  frescotomonoki@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »